大人と子供では吃音症になる原因が違う?

どもりでお悩みのあなた!こちらでは吃音症の治し方について解説しています。

吃音症って大人と子供では何が違う?

吃音症と言うのは、大人でも子供でもいるのですが、その違いにはどのようなことが挙げれるのか?

一見すると、大人も子供も同じように思うかもしれませんが、実は、違いがあるんですね。

正確には、年齢は関係はありません。

実は、吃音症と言うのは人それぞれ全然違うものになるのですが、特に子供と大人では大きく分類されています。

そして、大人と子供の吃音症では、その原因が異なってきます。

では、どのように違うのか、それぞれ説明しましょう。

吃音症の治し方とは?

子供の場合は?

先ず、子どもの場合ですが・・・

・生活環境で周囲に吃音症の人がいる

あるいは・・

・聴覚に問題がある

このようなケースで吃音症を発症していたりすることが多いと言われています。

また、特に幼児は、自分がどもっていることを自覚してないケースも多く、この場合は比較的矯正が簡単とされています。

もし、自覚をしていないのであれば、心因的な要素が入っていませんので、比較的矯正しやすいです。

その逆に、一度、自覚すると、心因的要素が増えることになるので、さらに吃音症が悪化する可能性があります。

そのようなことから、子供の吃音症では、周囲があまり騒がないことが大事でうs。

また、脳や聴覚など肉体的な問題にある場合には、これらを治療しなければいけません。

大人の場合は?

一方、大人の場合ですが、吃音症の原因は・・・

・ストレス

・極度の緊張状態

これらがきっかけとなり吃音症を発症することが多いです。

特に、人前でどもる事に対する不安や恥ずかしさなどから、症状が悪化するケースが多いです。

大人と子供では、このような違いがあり、特に大人の吃音に関しては、心理的な要素が絡んでくるので治すのが難しいと言われています。

もちろん、吃音症の原因は、他にもあり、色んな要素がいくつか重なって発症することもあります。

大人の場合、自覚しているからこそ、吃音を回避するための回避行動が見られるようになり、言葉が出てこなくなる、言葉につまる症状も多くなってしまいます。

いずれにせよ、大人の吃音を治すためには、自分に合う方法で克服していくしかありません。


吃音症の治し方!どもり対策は?

Copyright(C) 2012 吃音症の治し方!どもり対策は? All Rights Reserved.