吃音症で自分の名前が言えない場合は?

どもりでお悩みのあなた!こちらでは吃音症の治し方について解説しています。

吃音症で自分の名前が言えない場合はどうすればいい?

吃音症の人で自分の名前が言えない人もいるようです。

例えば、会社の面接の時とか、仕事で名刺を交換する時に名前を言いますが、なぜか咄嗟に自分の名前で吃音がでてしまう。

ちょっとした事がきっかけとなり、その後は名前で詰まってしまうケースがあるようです。

では、なぜ自分の名前が言えなくなってしまうのか?

これには、いくつか理由があるようです。

そこで、このページでは・・

・自分の名前が言えなくなる理由

・対処法について!

これらを解説していますので参考にしてみてください。

自分の名前が言えなくなる理由

自分の名前が言えなくなる理由としては、ストレスや緊張が挙げられます。

特に仕事が忙しかったり、残業が続いたりすると知らない間にストレスが溜まってしまうんですね。

実は、ストレスと言うのも吃音症の原因の1つなので、自分の名前で詰まってしまう可能性が考えられます。

また、同じように緊張もそうですよね。

不安や緊張なども吃音症の原因になるので、自分の名前もそうですが、会話で吃音がでてしまうこともあります。

ただ、この症状がある方は、どうしても仕事で不利になるので、今すぐにでも対策しなければいけません。

では、具体的にはどのような事をして対策を取ればいいのか?

吃音症の対策について!

吃音症の対策としては、苦手意識を捨てることが大事です。

どもると自分で自覚しているので、吃音がでないか心配すると逆に悪化してしまいます。

心配すると自分からは喋らなくなりますし、自分の名前を言う時も吃音の症状が出やすくなります。

なので、対策としては緊張を和らげたり、リラックスすることが重要です。

ただ、緊張するなと言っても難しいので、吃音症を克服するつもりで、自分の方からなんでも喋るようにするのも一つの対策になります。

つまり、場数を踏むことで吃音も改善されるというわけです。

はじめは、笑われたり辛いこともあるかもしれませんが、吃音症を治すと言う意味でも、チャレンジする精神を忘れてはいけません。

少しずつでいいので、人と話をする機会を増やしていきましょう。


吃音症の治し方!どもり対策は?

Copyright(C) 2012 吃音症の治し方!どもり対策は? All Rights Reserved.