吃音症の人が面接で失敗しないためには?

どもりでお悩みのあなた!こちらでは吃音症の治し方について解説しています。

面接で失敗しないためには?

吃音症の人が面接を受ける時って本当に緊張して嫌ですよね。

吃音がでるので、どうしても喋ることが億劫ですし、できれば避けて通りたいところでしょう。

しかし、就職するとなれば必ず通る道なので面接で失敗しないためにも対策を取らなければいけません。

そこで、面接までの期間はどのぐらいあるのかが重要です。

当然、期間が長ければそれなりに対策することはできると思います。

では、具体的な対策としてはどんなことが挙げられるのか?

先ず、吃音症があると普通の人より緊張しがちです。

なので、緊張を和らげる対策を取るといいと思います。

具体的には、呼吸法を身につけて緊張を和らげることをお勧めします。

この呼吸法ですが、そんなに難しく考えることはありません。

腹式呼吸で深呼吸をすればいいのです。

最初に全て息を吐いた状態から始めます。

息を吸うときにお腹を膨らませるようにして、次に息を吐くときにお腹をへこませます。

コツとしては、ゆっくりと深呼吸をすることです。

これを繰り返し行えば、緊張が和らぐので日頃からやるようにしましょう。

面接で大事なことは?

次に面接で大事なことですが、面接官にしっかりと自分の言葉を伝えることです。

緊張から吃音が出てしまい、何を言っているのか分からなくなる人がいるので注意しましょう。

「ハイ」「イイエ」「大丈夫です」「できます」

これらの言葉はしっかりと伝えなければいけません。

ただ、この返事で吃音が出る人もいるでしょう。

そんな時には、ワンテンポおいてから返事をしても大丈夫です。

具体的には・・

「・」「ハイ大丈夫です」 ※「・」は一呼吸置くところ

このようにすれば、吃音が出る確率がぐっと低くなります。

つまり、返事を急ごうとするあまり、吃音が出てしまうので一呼吸置くのが大事なんですね。

なので、面接に限らず、一呼吸置く癖をつけるのもいいかもしれません。

吃音症の治し方について!

どうしても不安な方へ!

明日、面接でどうしても不安という人もいるでしょう。

そんな人は、開き直るのも一つの方法です。

緊張して何も言えないなら、はじめから開き直って、自分が思っていることを言うのもありです。

案外、開き治った方が吃音がでないので面接も上手くいくかもしれませんね。

上手く話そうと思わなくても大丈夫です。

あなたの熱意が伝われば面接でパスする確率も上がるでしょう。


吃音症の治し方!どもり対策は?

Copyright(C) 2012 吃音症の治し方!どもり対策は? All Rights Reserved.