どもりと吃音症の違いは?

どもりでお悩みのあなた!こちらでは吃音症の治し方について解説しています。

どもりと吃音って何が違うの?

どもりと吃音症って、症状としては、同じような感じですが、何か違いはあるのでしょうか?

どちらも、深刻な悩みで、なんとなく別物と思ってしまいがちですよね。

ですが、実は、どもりと吃音症と言うのは、意味は同じなんですね。

どもり・吃音症が言語障害の一種とされてはいるわけですが、その定義と言うのがすぐく曖昧です。

どもりと言う言葉が差別的なので、それで吃音と言う呼ばれるようになったのですが、この吃音という呼び方って、なかなか定着していません。

ですので、いまだに「どもり」と呼ばれることが多いんですね。

ただ、間違ってはいけませんが、会話中に言葉を噛む人っていますよね。

これもどもりと思われがちですが、これは違います。

どもりは最初の言葉が出づらい症状ですので、言葉を噛むこととは別物と思ってください。

基本的にどもり場合は以下のような感じになります。

「こんにちは」を「こ、こ、こ、こ、こんにちは」

「はじめまして」を「は、は、は、は、はじめまして」

このように発音してしまうのがmどもりや吃音の症状になります。

どもり・吃音症の悩みは・・・

どもりや吃音に悩まれている人の多くは、日常の生活で苦労することが多いです。

言葉は上手に発することができないので、人間関係も上手くいかないことが多いです。

例えば、学校では、いじめの対象になることもありますし、自分の意見がなかなか言えない人が多いです。

また、就職に関しても、吃音は不利になることが多いですね。

特に営業の仕事ともなると、人と話す機会が多いので、仕事にならないこともあります。

それでも、あまり人と会話をしないような工場勤務のようなところでは、吃音症があっても活躍できますので、就職は諦めてはいけません。

吃音症の治し方について

最終的にどのような仕事をやりたいかは、本人ですので、努力次第では、どんな仕事でもこなせるようになると思います。


吃音症の治し方!どもり対策は?

Copyright(C) 2012 吃音症の治し方!どもり対策は? All Rights Reserved.