吃音症で電話が苦手な方へ!対策や治し方について!

どもりでお悩みのあなた!こちらでは吃音症の治し方について解説しています。

電話が苦手?緊張を和らげるには?

吃音症の方で電話が苦手と思っている方は非常に多いですね。

当然、電話は突然かかってきますし、その都度、話の内容も違います。

電話に出る時に吃音が出る傾向にあるので、そこではじめに軽くパニックになりますよね。

次に相手が話しをするので、その内容をしっかり聞かないといけないと思い、そこで、緊張してまいます。

なので、電話に出ることが苦手な人が多いわけですね。

もちろん、吃音の治し方にも色々です。

今回は電話と言う事なのでどう対策すればいいのか?

先ず、第一段階として、自分の名前や社名などが言えるかどうか?

ここがポイントになります。

対策としては、電話に出るまでに軽く深呼吸をしてから出るとある程度は緊張が和らぐので吃音が出る確率が下がります。

また、問題は、話しの内容です。

しっかりと内容が把握できるかどうか?

ここも大事ですので、必ず、用件をメモすることが重要です。

ただ、どうしても緊張してしまい話の内容が入ってことない人もいるでしょう。

そんな時は、録音機能がある電話で会話を録音して後で聞くのも一つの対策です。

ですが、会社によっては録音機能がない電話が多いので、用件はしっかりと聞くことが大事です。

これは、慣れの部分が大きいので、吃音症だから電話に出ないのではなく、吃音症だからこそ電話に出る癖をつけてください。

これが電話を克服する近道です。

電話で重要なことは?

では、電話で重要なことは一体なにか?

それは、要件を聞いたり、言ったりすることです。

そして、相手に伝えるためにも、返事はハッキリと言えないといけません。

電話がかかってきた場合、かける場合でも、相手に伝えることができなければ会話が成立しませんので、「はい」「いいえ」は、ハッキリ言えるようにしましょう。

特に吃音症の人は、苦手意識が強かったり、緊張しますので、いかにリラックスできるかが大事です。

それには、普段からリラックスるすることが大切ですし、なるべく話に参加したり、積極的に電話にでるようにするようにしましょう。

何度もトライすることが吃音症の治し方にもなります。

失敗してもいいのでできるだけ人と話をするようにしましょう。

人と話すことが怖くないと感じるようになれば、電話に出ることも大丈夫になりますし、吃音も良くなっていきます。


吃音症の治し方!どもり対策は?

Copyright(C) 2012 吃音症の治し方!どもり対策は? All Rights Reserved.