吃音症の治し方

どもりでお悩みのあなた!こちらでは吃音症の治し方について解説しています。

吃音症の原因と治し方について!

大人でも吃音症に悩まれている人がいますが、この症状が続くと人とのコミュニケーションが取れないので仕事でも困ることがあるんですね。

おそらく、あなたも吃音症の治し方をお探しかと思います。

このサイトでは、吃音症の原因や治し方などをお伝えしていきます。

先ずは、なぜ、この症状になってしまったか?

その原因について詳しく解説していきますので参考にしてみてください。

どんな原因が考えられる?

なぜ、人は吃音症になってしまうのか?

実は、現代をもってしても、未だにはっきりした吃音症の原因はわかっていません。

その理由は、人それぞれ違いがあるからです。

その人によって要因や環境が複雑ですので、一概にこれが原因とはいえないわけですね。

例えば、、大人になってから発症するケースもあったりしますし、場合によっては、老人になってから発症する人もいます。

以前は、遺伝が関係しているとも言われたことがありましたが、遺伝というよりは、親がどもりになってい場合、幼少児からその発音を聞き続けたことで移ってしまったと解釈に変わってきました。

一般的に言われていることは?

吃音症の原因としては、精神面だったり、緊張やストレスなどが大きくしていると考えられていますが、決してそれだけではありません。

人によっては、左脳に障害があるケースもありますし、聴覚の障害なども原因の一つとして考えられているんですね。

他にも、呼吸法や舌の動きなどに問題があるケースもありますし、言語器官に問題がある人もいます。

また、聴覚に問題がある人、環境によって発症する感覚性吃音。

他にも、ストレスや極度の緊張状態などが原因の心因性吃音など。

脳機能不全やホルモン調整機能が正常に働かない事が要因で起こる脳内調節系吃音。

このように色々あるわけです。

そして、それら要因は、1つだけでなく、2つ以上の要因が絡まっていることも珍しくはありません。

検査方法について!

次に吃音症の治し方に入る前に、検査について考えてみましょう。

先ずは、検査の前には状態を知るところからはじめります。

発症の仕方や時期からどもるよういなったのか?

ある程度の判断をすることが多いようです。

それにより、心因的な要因を探ることもありますし、他にも、ホルモンバランス、聴覚、発音力、言語力などを検査したり、場合によっては、MRIなど使い脳の検査をすることもあるんです。

原因は複数にわたる事もあるので、1つではなく、いくつか検査をしていくことになります。

ただ、吃音症が初期の状態では治療も比較的、簡単と言われていますが、心因的要因から再発したり、症状が悪化することが多いのが特徴になります。

検査に関してですが、難しいのは、原因により、検査する科に違いがあるということです。

具体的に言うと・・・

・脳に問題がある場合には脳神経科

・聴覚に問題がある場合には耳鼻科

・心因的要因が大きい場合には精神科や心療内科

このようにその原因によっても受診する科が違います。

当然、脳に問題があるのに心因的要因を調べても意味がないわけですね。

特に子どもの場合になると家庭や家族などの環境要因や聴覚障害が原因の場合が多いとされているので、はじめに耳鼻咽喉科での検査をするといいかもしれません。

ただ、大人に関して言うと、突然、吃音症になった場合は、心因的要因であることが多いとされています。

ですので、吃音症を治し方としては、先ずは、心療内科や精神科に足を運ぶようにしてみてください。

吃音症の治し方は?治療方法など!

では、吃音症治し方にはどのような方法があるのか?

なかなかどもりは治らないなんて言う人がいますが、それでも、しっかりと治療を行うことが大事です。

治療に関していうと、人によって合う合わないがあるので、自分に合う治療法を見つけなければなりません。

先ずは、諦めないで、様々な治療法を試してみるのがいいと思います。

どんな治療がある?

主な治療法としては、次のようなものがあります。

・DVDで治療する

・自分の会話を録音する

・グループ訓練

・薬物療法

などです。

吃音症の治し方としては、DVDを使ってみるのが手軽かもしれません。

今では、色々な吃音改善のためのDVDがいくつか販売されています。

もちろん、どれがいいのかは実際に試してみたいと判断できませんが、評価がいいものを試してみるのがいいと思います。

中には、返金保証があるものもあるので試してみる価値はあるでしょう。

また、自分の会話を録音して、あとで聞いてみるのも治療方法の1つになります。

後から聞くと、話し方のクセなどが分かるので、冷静に判断できますし、矯正しやすくなります。

他にも同じ悩みを抱えている人が集まるグループに参加するのもいいと思います。

はじめは勇気がいりますが、そこで情報交換を行うこともできますし、どもりの訓練を行い、改善したなんて人もいます。

さらに薬を服用することでどもりが改善する人もいますので、一度、精神科や診療内科で相談してみてください。

就職で不利になることがある?

吃音症の人は、就職で不利になることがあるとよく言われます。

ただこれは、職種にもよって違うはです。

確かに営業やサービス業などで接客をする仕事の場合は、商談したり、お客さんと対応しなければならないので、どもりが酷いとその職に就くのは難しいかもしれません。

ですが、あまり人と会話をしないような職種に就く場合は、そんなに気にしなくても大丈夫です。

例えば、製造業で工場勤務であれば、必要なことだけを話せば、あとは会話しなくてもいいわけですからね。

板前になるのもいいですし、他にも清掃業や警備員など、話しをしなくてもよい職種は色々とあるはずです。

そのような場所に就職をすれば特に問題はないでしょう。

吃音症の治し方としては、あえて人と会話をするような職種にチャレンジするのも一つの方法だと思います。

多くの人と会話をしているうちに自然にどもりが治ったなんてケースは珍しくはありません。

この症状を改善させるには、場数を踏むことも大事ですので、恐れないでトライしてみてください。

いずれにせよ、吃音症があるから就職ができないと言うのは、いいわけでしかありません。

どのような職種にせよ、長く勤めれば立派な大人ですので、吃音を理由に就を諦めてはいけません。

面接はどうすればいい?

吃音症がひどく、面接が怖いなんて人もいるかもしれませんね。

就職する時は、面接は必ずありますので、避けては通れません。

中には、あらかじめ聞かれる内容を予想して、回答例などを参考に完璧に覚える人がいます。

ですが、そんな方は注意した方がいいです。

なぜなら、予想していなかった事を聞かれた時にボロがでてしまうからです。

どもりを隠そうと色々努力をされる方がいますが、それはあまり意味がないと思います。

その理由ですが、面接官は、あなたの吃音を見ているわけではないからです。

面接官は、あなたが仕事できる人なのか?

仕事が続けらるのか?

このようなことを見ています。

吃音が出る出ないは、その人の話を聞けばわかる事なので、どもりを隠すのではなく、仕事に対するやる気や意気込みをアピールすることが肝心です。

確かに、会話することが苦手な人も多いと思いますが、恐れずに緊張しない事を意識するといいかもしれませんね。


吃音症の治し方!どもり対策は?

Copyright(C) 2012 吃音症の治し方!どもり対策は? All Rights Reserved.